カテゴリ:脳の若返りのために( 3 )

朝からモーツアルト

朝からモーツアルト


いつもより寝坊して朝食の支度が遅くなった。まず牛乳を一杯。


ブリオッシュブレッドにピーナツバターを塗ってトースターに入れる。冷やしトマトの輪切り、山芋を下ろし青海苔を振り掛ける。昨夜茹でたほうれん草を添えて、アップルティのパックにお湯を注ぐ。朝食の用意が出来た。

テレビをつける。

日常はNHKの1チャンネルだが、今朝は何か虫の知らせで衛星第二のボタンに指が動いた。

丁度画面は昨年12月13日サントリーホールで行われたコンサートの収録プログラム。NHK交響楽団の演奏でオールモーツアルトプログラム、指揮はロータ・ツァグロゼグ、クラリネットにザビーネ・マイヤ(女性)

1 魔笛の序曲

2 クラリネット協奏曲 イ長調

3 ドイツ舞曲

4 交響曲第41番「ジュピター」

クラリネットはK622というモーツアルトの最後の曲。死の2ヶ月前に創られたというこの曲だが冒頭から優美なメロディで始まる暖かい感情がみなぎる名曲だ。

ジュピターはその前の40番のト短調の名曲の裏を返したような明るい曲で特に第4楽章のフーガの部分は美の頂点と云えるだろう。


パンを口に入れる速度も遅くなり約1時間半あまりの時間をテレビコンサートに没頭した。

このジュピターの交響曲は高校時代梶谷君という親友と学校帰りに下高井戸から経堂まで四谷軒牧場の脇の田圃のあぜ道をよく二人で音楽論議を交わしながら二人で口ずさんで帰った思い出の曲である。

振り返ってみればこの頃から寝ても覚めても音楽と映画、そして野球に熱中した時だった。


生前のママの皮肉にも聞こえる、冗談にも聞こえる言葉を思い浮かべながら楽しい朝のひとときだった。

「パパ!朝から何もしないでモーツアルトを聴いてもお金なんか入ってこないわよ!」

[PR]
by sazae322te | 2007-02-04 11:40 | 脳の若返りのために

いまいちの写真が送られてきました。

どれも「これが無かったら!」とか言い訳たっぷりの写真です。
写真に対して鋭い感性をお持ちだから出るお言葉でしょう。
見て下さい。そう言われればそうだな~。。。と納得します(爆笑)。

        夕焼け崩れです。

d0093704_18401110.jpg


               電線が無ければね!
d0093704_18405816.jpg



     正月の2日,成田山です。もう少し陽光がはっきりしていれば!

d0093704_18414113.jpg


[PR]
by sazae322te | 2007-01-08 18:30 | 脳の若返りのために

大晦日のひととき


d0093704_14221665.gif



干支の土鈴を買って会計を済ませていると後から「浅○さん!」と声をかけられた。低い声だった。振り返ると 下○幸男さんがニコニコしながら立っていた。手にたった今買い物をしたとみえてみつばを一束と一個の柚子を持っていた。

同じ市内に住んでいてもなかなか会わないものだが、半年振りかもしれない。

「久しぶりです。コーヒーでも飲みませんか!」彼は日常家でもドリップで入れるほどのコーヒー党である。

私もこれとて特別に急ぐ用事もないし「そうですね」といって近くの喫茶室に足を向けた。

彼は席に着くや否や私に話すことが溜まっていたかのように話し出した。それは格別用事のある話ではなく彼自身のストレスを解消することのようだ。

「最近は左手がリューマチで手袋を嵌めていないと冷える感覚を覚えます。したがって絵筆を持つのは右でも画を描く気が起きない。頭の中には構想がめぐり、ひらめきますがキャンパスに向かってなかなか実現しません。冬至を過ぎまだこれから小寒、大寒と訪れ、寒さが厳しくなるのに・・・。」

さらに続く「浅○さん、お幾つですか?私はやがて81歳を迎えます。家内を亡くして8年になりますが、よく今日まで一人で頑張ってきたと思いますよ。友人の半数以上は亡くなっているし、私の明日の運命も分かりません。でも好きな音楽や落語を聴いて楽しく生きようと毎日努力しています。そうそう、この夏にエリザベート・シュワルツコップもこの世を去りましたね。若かった頃SPレコードにしがみついていた時代が懐かしいです。確か享年90歳でした。(今となっては幻の名盤といわれたワインガルトナーの第九のソプラノのメンバーで世界的ソプラノの名歌手の一人である。)

女性の平均年齢は男性に比べ6~7歳上ですから私もそれから比べてあと3年の寿命ということになりますね。」・・・と笑って話していた。

話はまだ続いた。音楽から落語の話に移っていった。

「今の落語家はテレビやDVDが普及して、やたらに表情などに気を使い、その話の裏の真髄を伝えることに欠けているように思います。その点、昔の名人といわれた志ん生、金馬、文楽、正蔵、今輔・・・などに見れる落語本来の味が薄れているような気がします。」

なるほど私はそれほど落語に精通はしていないが何となく云われてみると分かるような気がする。

2006年の大晦日のひとときに、こんな話をしながらドリップで入れたコーヒーを堪能した。

今年も大変お世話になりありがとうございました。新たに開かれる新しい年!よろしくお願いいたします。
[PR]
by sazae322te | 2006-12-31 19:39 | 脳の若返りのために