<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「カメラ片手にハンドルを握った」・・

オットットそれは危険ねぇ~(笑)
朝の用事を済まして時計を見ると、もう11時を指していた。
起きた時点では朝の空気は冷えているがこの時期、この時間になると日に日に暖かな日差しが居間のガラスを通して差し込んでいる。
歴博の十数本の河津桜が頭の中に浮かんできた。先日訪れたときはまだ小さな蕾だったが、もしかしたら咲き始めて来たかも知れない・・・と思い・・・カメラ片手にハンドルを握った。
行ったからには早春の花も・・・と、マクロのレンズをつけて先を急いだ。花を撮るにはお日様が高かったが・・・。
歴博に行ってみると河津桜は5分咲きというところ。それはそれで良かったが、良く観るとメジロが数羽が枝に落ち着くことなく飛び回っていた。
残念なことに望遠レンズの持ち合わせがなくやむを得ずマクロで数枚。ああ出直し!出直し!


d0093704_224143100.jpg


d0093704_2242097.jpg


d0093704_22422697.jpg


d0093704_22424382.jpg


「望遠レンズの持ち合わせがなく」と言ってもこれだけの写真を撮られるのですから大したやろうですね。



河津桜は一つの花びらが崩れた形なのでまとまり難いです。

d0093704_2251270.jpg


d0093704_22511851.jpg
d0093704_22513199.jpg


d0093704_22525382.jpg
この菜の花に飛び入るハチ?・・・の方が良く撮れたかも!
[PR]
by sazae322te | 2007-02-27 22:45 | photo

上野

枝垂れの白梅にカメラを向ける人々・・・。
湯島通れば思い出す・・・と歌われた「湯島の白梅」です。


d0093704_1341209.jpg



d0093704_13401943.jpg




紅白の梅が隣同士で満開です。白梅は「白加賀」

d0093704_13421226.jpg


椿も最盛期を迎えています。白地に赤が混ざっている椿は珍しいですね。花弁も黄色で大きく初めて出会いました。

d0093704_1343757.jpg

1枚目は「唐錦」です。

d0093704_13435683.jpg


d0093704_13441345.jpg


d0093704_13444243.jpg




上野公園の猫の風景です。
d0093704_13463056.jpg



d0093704_13464397.jpg



歴博(佐倉城址公園)にて

d0093704_134732100.jpg


d0093704_13474643.jpg


d0093704_1348514.jpg


d0093704_13484043.jpg


d0093704_13485447.jpg


d0093704_13491686.jpg


d0093704_13494936.jpg


d0093704_13501220.jpg


d0093704_13502928.jpg



いよいよ花の季節、到来ですね。OSOMEに刺激され歴博に行って見ました。
蝋梅の香りが何とも云えません。


お疲れ様でした。こちらも写真が大量に溜まってしまいましたので、、、フウッ~。。。どれがどの映像かしらと。。。大変でした。間違って載せていたら教えてくださいm(__)m。
[PR]
by sazae322te | 2007-02-21 13:50

osomeに負けるものか!(笑)

OSOMEに刺激され、
d0093704_18262427.jpg
負けるものか!
d0093704_18264738.jpg
d0093704_18273497.jpg
d0093704_18275153.jpg
d0093704_18281199.jpg
d0093704_18282133.jpg
d0093704_18283240.jpg
・・・と往復150キロの道のりを覚悟で飯岡までドライブをかねて夕陽の撮影に。

昨夜の雨と、朝方の風、に澄んだ青空を見て11時過ぎに意を固めハンドルを握った。
以前千葉の会社に勤務していた頃、時折訪れていた鰻の名門「川千家」で遅めの昼食をとり、旭のかんぽの宿でコーヒーブレイク、頃合をみて飯岡の海岸へ到着。数人のカメラマンが三脚を立てて準備していた。
絶好の撮影条件の筈だったが天候とは微妙なもの、雲は出なかったが全体に靄ってしまい富士山が最後まで現われなかった。
[PR]
by sazae322te | 2007-02-12 18:28 | photo

朝からモーツアルト

朝からモーツアルト


いつもより寝坊して朝食の支度が遅くなった。まず牛乳を一杯。


ブリオッシュブレッドにピーナツバターを塗ってトースターに入れる。冷やしトマトの輪切り、山芋を下ろし青海苔を振り掛ける。昨夜茹でたほうれん草を添えて、アップルティのパックにお湯を注ぐ。朝食の用意が出来た。

テレビをつける。

日常はNHKの1チャンネルだが、今朝は何か虫の知らせで衛星第二のボタンに指が動いた。

丁度画面は昨年12月13日サントリーホールで行われたコンサートの収録プログラム。NHK交響楽団の演奏でオールモーツアルトプログラム、指揮はロータ・ツァグロゼグ、クラリネットにザビーネ・マイヤ(女性)

1 魔笛の序曲

2 クラリネット協奏曲 イ長調

3 ドイツ舞曲

4 交響曲第41番「ジュピター」

クラリネットはK622というモーツアルトの最後の曲。死の2ヶ月前に創られたというこの曲だが冒頭から優美なメロディで始まる暖かい感情がみなぎる名曲だ。

ジュピターはその前の40番のト短調の名曲の裏を返したような明るい曲で特に第4楽章のフーガの部分は美の頂点と云えるだろう。


パンを口に入れる速度も遅くなり約1時間半あまりの時間をテレビコンサートに没頭した。

このジュピターの交響曲は高校時代梶谷君という親友と学校帰りに下高井戸から経堂まで四谷軒牧場の脇の田圃のあぜ道をよく二人で音楽論議を交わしながら二人で口ずさんで帰った思い出の曲である。

振り返ってみればこの頃から寝ても覚めても音楽と映画、そして野球に熱中した時だった。


生前のママの皮肉にも聞こえる、冗談にも聞こえる言葉を思い浮かべながら楽しい朝のひとときだった。

「パパ!朝から何もしないでモーツアルトを聴いてもお金なんか入ってこないわよ!」

[PR]
by sazae322te | 2007-02-04 11:40 | 脳の若返りのために

「印旛沼 月は東に 日は西に」・・・・・

「印旛沼 月は東に 日は西に」・・・・・
元の句は有名な蕪村の「菜の花や 月は東に 日は西に」




d0093704_1059264.jpg



d0093704_10593034.jpg




d0093704_10583754.jpg


[PR]
by sazae322te | 2007-02-02 10:49 | photo